長期滞在型ウィークリー・マンスリーマンション探しはマンスリー48

マンスリーマンションの初期費用とは?内訳や特徴を解説

一般的な賃貸物件と同様に、マンスリーマンションの利用にあたっては「初期費用」を支払う必要があります。しかし、会社によってその内訳や表現が異なっているため、結局何が含まれているのかよく分からない…と思う人も少なくないでしょう。

そこで今回は、マンスリーマンションの初期費用の内訳やその特徴を解説します。今回ご紹介するポイントを押さえれば、よりスムーズにマンスリーマンションを利用できるでしょう。

マンスリーマンションの初期費用とは?

初期費用と聞くと、一般的な賃貸物件の初期費用に含まれるものをイメージしがちですが、マンスリーマンションではその内訳が異なります。清掃費や寝具代のように、マンスリーマンションならではの費用が含まれているのが一般的です。まずは、マンスリーマンションの初期費用にはどういった性質や特徴があるのか、具体的にどんなものが含まれているのかについて確認してみましょう。

そもそも「初期費用」って何?

マンスリーマンションの初期費用とは、日額や月額の料金とは別に一括でかかる費用のことです。これは一般的な賃貸物件同様、契約に伴って支払い義務が発生するもので、入居前の支払期日までに支払いを終えている必要があります。

ただし、運営会社によってその呼び名は異なることも。必ずしも初期費用という表現が使われているとは限りません。を指すと覚えておきましょう。

マンスリーマンションの初期費用は複雑!

マンスリーマンションの初期費用に含まれるものは、一般的な賃貸物件の敷金や礼金のように「家賃の〇ヶ月分」と表現されないケースがほとんど。各項目で個別に費用が定められていたり、会社ごとにその金額や初期費用に含むか否かも異なったりと、大変複雑です。

一般的に、マンスリーマンションの初期費用に含まれていることが多いのは以下の項目。東京都内にある月額家賃100,000円の物件を例を参考に記載しました。この物件の場合、利用時にかかる初期費用の総額は48,000円であり、1ヶ月の滞在であれば家賃を含めて148,000円が必要になります。

初期費用の項目 金額例
清掃費 20,000円
寝具代 8,000円
生活雑貨セット(食器など) 10,000円
調理器具セット 10,000円
合計 48,000円

上記のほか、保証料や保険料、契約手数料、鍵の交換代などがかかることもあります。初期費用の内訳は運営会社によって異なるため、事前によく確認しておくようにしましょう。

有料オプションの支払いがある場合も

有料オプションを選択する場合は、その支払いも初期費用と同時に発生することがあります。オプションをつけるのは任意ですが、中には布団レンタルのように実質必須のような有料オプションも…。ベッドは備え付けでも、その上で使う敷きパッドや掛け布団、枕などの布団セットはついていないというケースもあるため、備品や設備の内容の確認も大切です。

清掃費は事前に要確認!

清掃費とは、退去後の室内清掃にかかる費用のこと。ルームクリーニング代や原状回復費用が含まれます。一般的な賃貸物件の場合は、退去後に大家さんや管理会社の立ち会いを経て入居者負担の費用が確定することが多いですが、マンスリーマンションの場合は入居時の一括支払いが基本です。

清掃費は間取りや利用期間に応じて異なるケースが多く、一般的に間取りが広く、利用期間が長いほど高額になります。また、通常の使用によらない傷や汚れがある場合は追加で費用が請求される可能性もあることを覚えておきましょう。

また、清掃費が極端に安いケースも要注意。安い業者を使って清掃費を抑えているために、利用者の負担が安く済んでいる場合があるのです。いくら費用が安く抑えられていても、清潔感のない部屋や清掃が行き届いていいない部屋は利用したくないという人も多いはず…。事前に口コミを確認したり、可能であれば内見ができたりすると安心です。

マンスリーマンションと一般的な賃貸物件の初期費用の違い

マンスリーマンションと一般的な賃貸物件では、費用面でどんな違いがあるのかよく分からないという人もいるでしょう。ここでは、初期費用を含め、入居に伴って発生することが多い費用について、具体的に異なる点を整理します。

敷金や礼金がかからない

マンスリーマンションの初期費用には、一般的な賃貸物件で含まれる敷金や礼金がかかりません。それぞれ家賃の1ヶ月から2ヶ月分の費用がかかる敷金と礼金がないだけでも、金銭的な負担の差は大きいでしょう。なお、これらを含めて、一般的な賃貸物件における初期費用の総額は通常、家賃の5ヶ月分前後と言われています。

具体的な金額の違い

マンスリーマンションと一般的な賃貸物件で初期費用にどの程度差があるのか、具体的に確認してみましょう。例えば、同じ100,000円の家賃の物件に1ヶ月間入居するとします。このとき、契約時に支払う費用は、マンスリーマンションは先述のとおり148,000円であるのに対し、一般的な賃貸物件の場合は30~50万円。あくまでも一例ですが、この例ではマンスリーマンションを契約する方が入居前の費用を10~30万円抑えられます。

支払い方法が「入居前一括払い」のケースに注意!

いわゆる初期費用ではありませんが、マンスリーマンションの支払い方法には注意が必要。サイト上では日額や月額表記でも、実際は滞在期間分の賃料・水道光熱費を入居前に一括で支払うケースもあります。この場合、期間によっては数十万円の支払いが発生することもあるので、せっかく初期費用を抑えたつもりが、一般賃貸とあまり変わらない・・・ということにもなりかねません。事前に支払い方法はしっかりチェックしましょう。

家具や家電の購入が不要

日常生活で必要とされる家具や家電があらかじめ備え付けられているのが、マンスリーマンションの特徴です。初めて一人暮らしをする場合も、それらを新たに購入する必要はありません。

冷蔵庫や洗濯機、電子レンジ、カーテンなど、生活に必要な最低限のものを揃えるだけでもそれなりの出費。安く抑えようとしても10万円近くかかってしまうでしょう。マンスリーマンションの場合はそれらの出費が抑えられることはもちろん、選んだり設置したりする手間もかかりません。

引っ越し費用が安く済む

家具や家電を持ち込む必要のないマンスリーマンションでは、最小限の身の回りのものさえあれば、生活を送ることができます。つまり、荷物1つでも入居ができ、場合によっては引っ越し費用がかからないこともあるのです。

引っ越し費用は、運ぶ荷物の量と距離、時期によって大きく異なります。特に、引っ越しのピークと言われている3月から4月にかけては、短距離であっても高額になりがち。荷物が少なければ、宅急便で送ったり、レンタカーや自家用車を使って自分で運んだりもでき、通常の引越しに比べて費用を安く済ませられます。

マンスリーマンションの初期費用の支払い時期と方法

マンスリーマンションの初期費用は、契約時に一括払いをするのが基本です。入居の申し込みをして審査を通過すると手元に届くのが、契約書と請求書。必要事項の記入と署名捺印をした契約書と身分証明書の写しを返送し、請求書に記載されている金額を期日までに支払うことで入居手続きが完了します。(オンライン対応の会社の場合は、書類不要で全て完結します)

マンスリーマンションは、急な出張時にも気軽に利用できるのが特徴です。一般的な賃貸物件に比べて入居審査が厳しくなく、連帯保証人を不要としている運営会社も多くあります。そのため、金銭トラブルを避ける手段として一括前払いシステムを採用しているところが多くあるのです。

数ヶ月に及ぶ長期滞在の場合は、まとまったお金が必要になります。しかし、すぐに全額用意できないという場合もあるかもしれません。そうしたときは、月々の分割払いができる会社を選ぶと良いでしょう。

支払方法は、運営会社によって多少選択肢が異なりますが、以下のいずれかを選択する場合がほとんどです。

  • 銀行振り込み
  • クレジットカード決済
  • コンビニ決済

上記のほか、運営会社を訪問することで現金払いができる場合もあります。

複雑な初期費用は、全部コミコミだと分かりやすい!

マンスリーマンションの初期費用には複数の費用が含まれており、内訳も運営会社によって様々。料金体系が複雑で分かりにくいと感じる人も少なくありません。そうした中でオススメなのが、月々の利用料(家賃)に全ての費用が含まれている、または、家賃と清掃費のみというシンプルな料金体系(全部コミコミ)を採用している会社です。

あらかじめ、必要な費用が家賃に含まれていれば、簡単に費用総額を見積もることができます。複数の物件から選ぶときも、物件同士の比較がしやすいのもポイントです。

マンスリーマンションの家賃は一般的な賃貸物件に比べて高いと感じている人もいるかもしれません。しかし、シンプルな料金体系を利用している会社では、初期費用分も家賃に含めているために、やや高めの家賃となっていることを覚えておきましょう。

期間限定のキャンペーンを利用して初期費用を抑えましょう!

マンスリーマンションでは、初期費用無料や半額といったキャンペーンが適用された物件も多くあります。家賃や清掃費が値引きされていることも。一見すると利用料が高いように思えるマンスリーマンションですが、お得なキャンペーンを賢く利用することで、支出を最小限に抑えた入居もできるのです。

まとめ

マンスリーマンションの初期費用とは、入居前に一括で支払う、定額以外の利用料のこと。一般的な賃貸物件に比べて、安く抑えることが可能です。加えて、家具や家電の購入費や引っ越し費用など新生活を始めるための費用が抑えられるのもマンスリーマンションが選ばれる理由でしょう。

初期費用は運営会社ごとに内訳が異なることも多く、費用が分かりにくいという側面もあります。そのため、必要な費用があらかじめ家賃に含まれた、シンプルな料金体系を採用している運営会社を選ぶのがオススメです。