長期滞在型ウィークリー・マンスリーマンション探しはマンスリー48

別居の滞在先はマンスリーマンションが最適!その理由とは?

夫婦関係が悪化したとき、すぐに離婚をするのではなく、一定の別居期間を設ける人が多くいます。別居の目的は関係の修復を図ることであったり、離婚を前提にその準備を進めるものであったりと様々。しかしその多くに共通するのは、物理的な距離をとって「感情的にならず、冷静に考えられる環境をつくる」ことです。

別居先としては、最小限の荷物で引っ越しができ、自分のペースで生活できるマンスリーマンションがオススメ。今回は、別居時の注意点に加え、マンスリーマンションが別居先に適している理由を解説します。

別居をするきっかけ

別居をするきっかけとして最も多いのが夫婦関係の悪化。結婚当初は仲が良かった夫婦も、一緒に生活をしたり子育てをしたりする中で、考え方や価値観の違いに直面することは決して珍しくありません。またパートナーの不貞行為や義理の両親との関係性を巡って、関係が悪化することも。

パートナーへの不満を募らせていたり、二人の気持ちがすれ違うようになってきたりすると、関係の修復には時間がかかります。毎日顔を合わせ、イライラを募らせながら生活をするのは精神的にも、子どもを養育する環境としてもよいとは言えません。そうした状況を改善するために「別居」という選択肢が出てきます。

別居をする目的

別居をする目的は人それぞれです。すぐ離婚に踏み切らないのには、何かしらの目的や理由があるから。一般的には、どのような場合に別居を選択するのでしょうか。

距離をとって冷静になるため

別居をして物理的な距離をとると、お互いに冷静になれます。パートナーへの不満が募っているときは、どうしても感情的になりがちです。毎日顔を合わせるような環境であれば、気持ちを落ち着けて考えることも難しいでしょう。

離婚するとなれば、子どもや親を巻き込んだり、自分自身も精神的なダメージを負ったりします。一時的な感情に任せて決断を先走らないように、一旦距離を置いて冷静になることは大切です。

DVやモラハラから身を守るため

パートナーからDVやモラハラを受けている場合は、「自分の身を守るため」に別居をします。離婚をしたいと思っていても簡単には応じてもらえないために一旦別居をする、というケースが多いでしょう。このような場合は、離婚に向けた話し合いを夫婦だけで進めるのは難しい可能性が高いため、警察に相談をしたり代理人などの第三者を立てて進めたりするのが無難です。

婚姻関係は継続しながら別々に住むため

「婚姻関係は継続させたいけれど、一緒には住みたくない」という人たちも別居を選択します。例えば、夫婦関係は破綻しているけれど、世間体を考えて離婚という選択を取りたくない場合や子どもが成人するまでは離婚しないと決めている場合がこれに該当するでしょう。

「家庭内別居」という選択肢もありますが、同じ屋根の下に生活しながら全く顔を合わせない、話をしないというのはなかなかムリな話です。たとえまったく会話がない状態であっても、相手の存在を身近に感じることがストレスになることも。金銭的な余裕があれば、別々に住む方がお互いのためでもあるでしょう。

離婚準備を進めるため

離婚を決めてから離婚が成立するまでの間、その準備をスムーズに進めるために別居をする人たちもいます。話し合いの結果として離婚を決めても、すぐに離婚できるとは限りません。離婚にあたっては財産分与が発生したり、子どもの親権や養育費を巡って決めたりすることが多くあり、それらに時間を要すためです。

別居をするときや別居先を選ぶときの注意点

別居時や別居先選びでは、いくつかの注意点があります。後悔やトラブルを防ぐために、とくに以下の点には注意しましょう。

自宅から離れすぎない

別居先が自宅から離れすぎるとパートナーと会う機会が減ったり、会うこと自体が億劫になったりする可能性があります。とくに別居によって夫婦関係の改善を図ろうとしている場合は要注意。物理的な距離が遠すぎると、面と向かって話をする機会が減ってしまい、自然と気持ちも離れかねません。

また一時的な別居を想定している場合は、生活圏を変えない方が何かと楽です。新しい環境に慣れようとするよりも、自宅以外の環境は極力変えない方が生活しやすいでしょう。

子どもが転校しなくてよい場所を選ぶ

子連れで別居をする場合、子どもが転校や転園をしなくてすむように、別居先は自宅がある学区内で選ぶことをオススメします。子どもにとっては、父親や母親と離ればなれになること自体が精神的な負担になるでしょう。子どもへの精神的なダメージを最小限に抑えるためにも、なるべく生活環境を変えないのが賢明です。

あらかじめ別居期間を決める

別居をする際は、あらかじめその期間を決めておくようにしましょう。期間が決まっていれば、いつまでに自分の気持ちを整理しておけばよいか分かるだけでなく、近い将来の見通しも立てられます。また別居先を確保する上でも、期間が分かっていると契約や支払い関係もスムーズです。

婚姻費用の負担について決めておく

婚姻費用の負担については、どちらがどれだけ負担するかを別居前に決めておきましょう。婚姻費用とは、 夫婦が社会的生活を営む上でかかる生活費や子どもの学費などを含んだもの。これは結婚に伴って発生し、別居をしても離婚しない限りは、消滅しません。

この婚姻費用の背景にあるのが、民法で定められている「生活保持義務」。夫婦の収入に差がある場合は、収入の多い一方が少ない一方を助けることが義務付けられています。つまり、無収入の妻が子連れで自宅を出て別居先に滞在する場合、別居先の家賃を含む生活費や子どもの学費については、収入のある夫が毎月一定額を負担しなければならないのです。

夫婦間の話し合いで結論が出ない場合や収入の多い一方が支払いを拒む場合は、家庭裁判所に調停を申し立てられます。ただし、収入の少ない一方が別居原因をつくっている場合はこの限りではありません。

DVやモラハラがある場合には、相手に居場所は教えない

別居理由にDVやモラハラがある場合には、パートナーに別居先を教えないように注意しましょう。別居先に押しかけられたり連れ戻そうとされたりする可能性が否めません。なお身の危険の度合いによっては、DV防止法に基づき、公的な一時保護を求めることも可能です。

各都道府県には「配偶者暴力相談支援センター」、または同等の機能を果たす公的な施設があります。一時保護を求める際は、最寄りの施設や警察署に連絡をしましょう。民間団体が運営しているシェルターを利用する、という選択肢もあります。なお、これらの保護施設は被害者の安全を確保するため、住所は非公開です。

「同居義務違反」にならないようにする

別居が「同居義務違反」にならないよう、別居は夫婦で話し合いをし、双方が納得した上でするようにしましょう。民法では、「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない」と定められています。つまり基本的に夫婦は同居する義務を負っており、正当な理由のない別居は同居義務違反になってしまうのです。

マンスリーマンション以外の別居先候補

別居先の候補としては、マンスリーマンション以外にも実家やホテル、一般的な賃貸物件が挙げられます。それぞれのメリットとデメリットを確認し、マンスリーマンションと比較して考えてみましょう。

実家

慣れ親しんだ実家に戻るというのも1つの選択肢。落ち着いて生活ができたり、費用面の負担が限定的であったりするのがメリットです。

一方で、実家で暮らすためには家族に別居について説明をしなければならず、余計な心配をかけてしまうかもしれません。そもそも実家が遠方にあれば、簡単に頼れなかったり、なんとか住めたとしても通勤が不便になったりすることもあるでしょう。

ホテル

人目を気にせず、快適に過ごせるのがホテル。衣服や靴などの最低限の荷物で入居できる点や家事の負担がない点が魅力です。

一方で、料理や洗濯が自分でできないため、食費やクリーニング代がかさみがち。滞在期間が長期に及ぶ場合、毎日外食をしたり市販のものを食べていたりすれば、健康面での心配も出てくるでしょう。

アパートやマンションなどの賃貸物件

長期間の別居を想定しているときは、アパートやマンションなどの一般的な賃貸物件を借りる人もいるでしょう。自分の生活スタイルに合わせた住まい選びができ、早くから落ち着いて生活できることがメリットとして挙げられます。

他方、契約時に支払う初期費用の高さや、家具や家電など生活に必要なものを揃える手間と費用はデメリットでしょう。水道光熱費やインターネットを自分で契約して毎月支払ったり、物件によっては保証人を求められたりすることもあります。

別居先をマンスリーマンションにするメリットと選び方

別居先としてマンスリーマンションを選ぶメリットは、リーズナブルな滞在費用と入居の手軽さです。ここではそのメリットに加え、マンスリーマンションを選ぶ際のポイントを紹介します。

家具や家電がついている

マンスリーマンションには日常生活で必要になる家具や家電が備え付けられているため、それらを自分で用意する必要はありません。一時的な滞在を前提としている場合は無駄なコストにもなりかねない、家具や家電の購入費用。一通り買い揃えたらそれなりの出費になるだけに、これらがかからないのはお財布にも優しいですね。

また荷物が少なければ引越し費用も抑えられるというメリットも。衣服や靴、貴重品の持参だけであれば、引っ越し業者を使わずに、身軽に引っ越せます。

敷金や礼金がかからない

マンスリーマンションの契約時は、一般的な賃貸物件のように礼金や敷金がかからないため、初期費用を抑えることが可能。礼金や敷金を含めた一般的な賃貸物件の初期費用は、家賃の5ヶ月分前後もかかります。一時的な住まいに対するものとしては、負担が大きいとも言えるこの費用が抑えられるのは、大きなメリットです。

マンスリーマンションの選び方

マンスリーマンションは運営会社によって、提供されるサービスが異なる場合があります。スムーズかつお得に入居や滞在ができる、以下のポイントを満たしたマンスリーマンション選ぶとよいでしょう。

  • オンラインで契約が可能
  • 保証人が不要
  • 水道光熱費やインターネット料金が家賃に含まれている
  • 滞在期間が数日単位で柔軟に決められる
  • 長期滞在で家賃がお得になる

別居先に最適なのはマンスリーマンション!

マンスリーマンションは、費用面やその入居の手軽さから別居先に最適です。エリアや立地、間取りにおいても選択肢が豊富にあります。ペット可の物件もあるため、大切なペットを連れて行くことも可能です。

お得なキャンペーンを頻繁に行っているため、予想以上にリーズナブルな家賃で滞在できるかもしれません。別居先を探す際は、自宅近くでマンスリーマンションを探してみてはいかがでしょうか。